« 初期化とNokajiインストール(その1) | トップページ | 萬ちゃん日記【仮】公開 »

初期化とNokajiインストール その2:環境設定

さてまずは環境設定です。
セルフの開発環境に欠かせないものはまず、 dev_img です。
紺青さんが使われているのと同じ dev_img.bin を使いました。

まず、 crammount_0.1.1a_arm.ipk をインストールして置きます。
ダウンロードした dev_img.bin をdev_imgにリネームしてCFのルートに置きます。

treeexplorer 1.6.5 でマウントポイントを作成します。
/mnt の下に dev という名前でフォルダを作成します。

インストールしたcrammountのアイコンがタスクバーの時計の隣にでていますので
クリックして、Settingを選びます。

scrn001

こんな画面が表示されますので[Add]を選びます。

scrn003

Name には分かりやすい名前を入れます(私は dev としました)
Device には dev_img の在り処を入れます。今回の例では /mnt/cf/dev_img です。
Mount Point には先ほど作成したマウントポイントを入れます。 /mnt/dev です。
Type はそのまま cramfs でけっこうです。
必要な設定をしたら OK ボタンをクリックします。

一つ前の画面に戻りますので、右上の OK をクリックします。

できたら、タスクバーのアイコンをクリックします。

scrn005

こんな風に dev と表示されたら文字をクリックします。

scrn006

タスクバー上に mount dev と表示されればOKです。
アイコンをクリックすると dev の左に チェックマークが付いているはずです。

昼休みが終わりに近づいたので、本日はここまで。
次回、やはりコンソールが必要だったという悲しい話からはじめます。

|

« 初期化とNokajiインストール(その1) | トップページ | 萬ちゃん日記【仮】公開 »

zaurus」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初期化とNokajiインストール その2:環境設定:

« 初期化とNokajiインストール(その1) | トップページ | 萬ちゃん日記【仮】公開 »